こんにちわ。(^^♪

「もずくとさび」は、お嬢様な姉妹猫です。

2階の一部屋をご自身たちの住居に指定し、毎日、猫のしもべ(主にパパ)がお部屋にお食事を運びます。

1日のほとんどの時間を、自室でのんびり過ごされます。

(就寝前にハッスルタイムがあります(*'ω'*)

気まぐれに1階に降りてくることもあるのですが、その際も「ネコバス」ならぬ「パパバス(パパの肩)」に乗って昇り降りします。

夏場のパパバスは、薄着で運行しているので、しもべの肩と背中は傷だらけですが、自分に甘えてくれるのがうれしいのか嬉々としています。

猫好きなおバカさんです。

IMG_1300~photo
(お目目グリグリのもずく。猫らしいツンデレな性格です。パパバスの乗車率の一番高い子です。)

「琥珀・あずき」と同居の時は、騒がしい様子を冷めた目で見ていましたが、好戦的な「チコ」は、わずらわしいようで、この生活スタイルになりました。

猫は毛柄ごとに性格が違うと言われます
「もずくもさび」は、賢くて穏やかな性格で、相手によっては友好的です。

ただ頑固な所があり、「嫌いな子(猫)は嫌い」を妥協をしません。

その反動か、人間に対する「デレ」は凄いです。
IMG_3922~photo
(日向ぼっこ大好きなさびちゃん。女の子っぽい華奢な体型ですが、我が家で一番頑固な子です。)

何度もご飯を運ぶパパには、それなりに感謝の気持ちがあるのか、2匹は鼻チューとベロベロで歓迎しています。

不思議な事に、同じ部屋でもずくが甘えている時は、さびは遠い目でじーっとみているだけで、近寄ってきません。

反対に、さびが甘えている時は、もずくがジト目(黒猫のジト目は迫力あります(^^)/)で見ていますがやっぱり近寄ってはこないんです。

_DSC2435
(ジト目で見てくるもずく。思わずごめんなさいと言いそうになります。)

遠慮の気持ちや何かルールがあるんでしょうか?

猫同士の好き嫌いを決める基準があるのかも聞いてみたいです。(^^)/
猫は毛柄ごとに性格が違うと言われます