どこでも猫トイレ

どこでも猫トイレは、猫10匹と暮らす夫婦のブログです。 気が付いたら保護猫が家の猫になりました。

きっかけは、2013年1匹の迷い猫。
貯金をはたき中古住宅を購入。気づけば10匹の猫と同居。
少ない部屋に必ず猫トイレとキャットタワー。
いろんな事が、良く分からなくなっている夫婦の日記記録。

カテゴリ: さび

こんにちわ。(^^♪

今日は日曜日なので朝から恒例の、猫トイレ掃除と部屋の掃除をしました。

猫たちも、日曜はリラックスしているのか、ゆっくり食べて、寝てしてます。(*'ω'*)

何となく人間の休みの日の雰囲気を察知しているんでしょうね。

心配していた、さびちゃんの「日光のアレルギー症状」も耳のポツポツもほとんど無くなり、耳のかゆみも収まったのか、掻くことも赤みも収まりました。

IMG_0923~photo-full
(さびちゃん。手作りのキャットウォークの上で。この場所がお気に入りです。)

ひと安心です。(/・ω・)/

休みの日は、大人の猫だとまったり時間が多いです。

今週のせっかくの祝日ですが、外出の予定は無いので、以前ネットで段ボールで猫用の戦車を作っている方を見たので、戦車は無理ですが何か段ボールで作ってみようと思います(^_-)-☆

写真で見る猫の表情が絶妙でイイんですよね~(^^)/

IMG_1084~photo
(何となく置いた段ボールなのに・・・。ホっちゃんは段ボールが特に好きです。)

上手くできたらご紹介したいと思います。



こんにちわ。(*'ω'*)


先日、さびちゃん耳の後ろにポツポツが出来いて、額の毛の薄い所がかゆいみたいで、自分で掻いて赤くなっていました。


1日様子をみていたのですが、やっぱり気になるので病院に連れて行きました。


日光(紫外線)でおこるアレルギー症状と診断されました。


日光過敏症、または日光皮膚炎と言うそうで、白猫など色素の薄い猫や外猫がかかりやすい病気だそうです。


IMG_0972~photo
(さびちゃん。耳をカイカイしてました。触られるのが、好きなので見つけられかな。)


紫外線の強い夏にかかりやすく、あまり日光浴はさせない方が良いとの事。


帰ってネットで調べると放っておくと炎症部分がガン化することもあるそうです。


いつも一緒の姉妹猫のもずく(黒猫)は、症状が出たことが無いので、体質的なものもあるかもしれません。


老化による抵抗力の低下が原因とも書いてあったのですが、まだ7歳なのでちょっと複雑です。

今は注射で症状が治まりかゆみも無くなっているようなので安心しているのですが、猫は日向ぼっこしたがりますし、それは止めさせることは出来ないですよね。(/・ω・)/

IMG_1317~photo
(この場所がお気に入り。UVカットテープを貼ってみたいと思います。)

なので、どれぐらい効果があるかわからないですが、窓にUVカットのシートを貼るのを考えています。

気付けたのでよかったのですが、よく見て触って、早く見つけて早く対処する方が良いですね。

IMG_0972~photo

2014年春頃生まれ。7歳

もずくと一緒に保護したのがサビちゃんでした。もずく同様に小さくて(270g)でビックリしたのと同じぐらいビックリしたのが鳴き声でした。

「ぐぅうわぁー(ガチョウみたい)」みたいな感じだったのでえっ、この子、喉がおかしいの?と思いました。(もう一匹サビ柄がいるのですが、その子もこんな感じの声です。)

_DSC0954
(お腹いっぱいのサビちゃん。眠そう)
_DSC0991
(大分成長したサビちゃん。茶色系の首輪、良く似合いました。)

名前は、「この柄、サビ柄なのね」からサビちゃんになりました。

ごめんなさい。

そこそこの年齢の夫婦なので、「見た目と合ってて分かりやすく忘れにくい」というのが大事なのです。

もずくとのは、大きくなっても相性が良くやはり姉妹なんだなぁと思います。(ケンカもしますけれど)

性格は、可愛くて甘えん坊でお利口さんですが、一番、猫っぽくて頑固です。

小さい頃は、もずくが世話を焼いていたので、お嬢様みたいな性格かと思いましたが、この後、家に来る「しーちゃんときーちゃん」のお世話をしてくれたのがサビちゃんでした。

IMG_1064~photo

ただサビちゃん、

困ったことに

トイレ以外でチッチをする事があるので・・・・・・・。

それが、寝る前とかだと、さすがに、凹みます。😭

↑このページのトップヘ