どこでも猫トイレ

どこでも猫トイレは、猫10匹と暮らす夫婦のブログです。 気が付いたら保護猫が家の猫になりました。

きっかけは、2013年1匹の迷い猫。
貯金をはたき中古住宅を購入。気づけば10匹の猫と同居。
少ない部屋に必ず猫トイレとキャットタワー。
いろんな事が、良く分からなくなっている夫婦の日記記録。

カテゴリ: 琥珀

こんにちわ(^^♪

今日11月16日は、「あずきと姉妹猫達」の誕生日です。(^^)/

2018年の午後1時20分頃、我が家で産まれました。

10月(多分8日頃)に「ケガをしていた琥珀」を保護して11/16日に出産なので、振り返ると濃厚な1か月間でした。

時間が経つのが早いです。"(-""-)"

来年もブログが続いていたら同じことを書くかもしれません(*'ω'*)

サビ柄1匹、黒猫2匹の3姉妹で産まれました。
IMG_3348~photo
(おっぱいをたくさん飲んでお昼寝。すごい寝相です(*'ω'*)。電気カーペットとペットボトル湯たんぽで暖かくしていました。当時は全員黒っぽい柄です。)

当時、既に「黒猫のもずく」と「サビ柄のさび」と「ママでサビ柄の琥珀」がいました。

ウチは黒猫とサビ柄に縁があります(*'ω'*)
IMG_3526~photo
(姉妹に噛まれてあぁ~。子ネコ同士よく遊んでいました。凄い顔してます(^^)/)

生後、病院で検査してもらった時に3匹とも女の子とわかり、女子8匹になりました(*'ω'*)

産まれてからの3か月間、久しぶりの子ネコ達と楽しい幸せな時間を過ごしました。

もう一度、経験したいと思っていた、子ネコの成長を堪能できた時間でした。
IMG_3355~photo
(琥珀が安心しているのか、子ネコ達もリラックスしています。)

今「あずき」は家に、姉妹はそれぞれの里親様のお家にいます。

姉妹猫達も元気で過ごしてくれているようです。

我が家では、誕生日といっても特別何かするわけではありません。"(-""-)"

今日は「琥珀とあずき」に「ちゅ~る」を少し多めにあげたいと思います。


こんにちわ(^^♪

寒いですね。

とりあえず朝晩用にファンヒーターを出しました。

猫達に大好評です。(^_-)-☆

我が家にはサビ柄猫も2匹います。

「さびちゃん」と「琥珀」です。

「もずく」と一緒に「さびちゃん」を保護した時に初めて、サビ柄というのを知りました。

あるお家の壁と塀の間に落ちて鳴いている、というのを聞いて保護しに行きました。

「さびちゃん」は、ETみたいな顔をした、小さくて痩せていて目が大きい子がでした。
IMG_1669
(サビ柄なので「さびちゃん」可愛い女の子ですが我が家で一番の頑固さんです。)

「琥珀」は買い物に行くスーパーの道中で、挨拶してくれるノラさんでした。

ある時ケガをしていたのを見つけ、すでに子猫ではなかったので、迷いもありましたが保護し家の子になりました。

(大人の猫は、飼い猫(外猫)かもしれないので、保護した時に警察と保健所で照会してもらい迷子届けが出ていないか確認しました。これは面倒でもした方が良いと思います。警察でも保健所でも確認してくれました。)

IMG_2158
(琥珀さん。我が家で暮らして3年目ですが、ずっとここで暮らしてました感がスゴイです。)

同じサビ猫でも、色、模様、配色などが全然違います。

サビ柄猫の魅力ですね。

「さびちゃん」が来てからすっかり「サビ柄びいき」です。

(黒猫びいきでもあり、トラ柄びいきでもあり、白猫びいきでもあります(*'ω'*)猫は皆かわいいです。)

IMG_1510
(琥珀とあずき親子。体はあずきの方が大きくなりました。同じ柄の組み合わせがもう一組。)

ウチの二匹は偶然ですが、似ている所が多いです。

ご飯をよく食べますが、二匹ともほっそりスマートです。

人に、よく甘える甘えん坊です。

鳴き声も個性的です。

アヒルみたいな声で鳴くので、サビ猫はそういう特徴があるのかとYoutubeで他のサビ猫を見ましたが、ウチの子だけの様です。

あとトイレ後、「さび」は砂で隠しません。

堂々としたものです。(^^)/

「琥珀」は隠そうとはするのですが、砂を掻かずに壁を掻いてます。

結果隠れません。(^^)/

そんな二匹は、どうも他の猫は、あんまり好きではないみたいです( 一一)

「さび」は姉妹猫の「もずく」「琥珀」は娘猫の「あずき」以外は興味がないみたいで、他の猫とはあっさりした猫関係です。

偶然、我が家で一緒に暮らすことになったサビ柄二匹ですが、結構似たところがあるのは、おもしろいですね。

こんにちわ(^^♪

琥珀さんは、一番ノラ猫歴が長い子です。(保護時、推定7~8カ月)

元ノラの「しろ太ときぃちゃん」は、子ネコの時に保護しましたが、心を許してくれるまで時間がかかったので「琥珀」も保護した時は、時間がかかるのを覚悟してました。

ところが保護した直後からすんなり(隔離はしてましたが)家に馴染み、人を怖がらず、機会はそんなに多くないですが、家族以外の人が家にいても特に気にする様子もありません。

我が家では珍しいノビノビした天然の子です。

元ノラさん歴を考えるとちょっと珍しいかもしれません。

IMG_3648~photo
(出産後、ある程度大きくなったチビ猫、旧名アンちゃんと琥珀。初出産も堂々とていました。)

我が家の7匹の女の子は「とら君、大丈夫派」と「とら君、絶対イヤ派」に分かれています。

「もずく」と「さび」と「チコ」と「あずき」はダメ。

「きぃ」「ピ子」は大丈夫。

最初に「とら君」をダメってなった子は、ずっとダメなままでした。

家の全猫にちょっかいを出す「白い悪魔チコちゃん」でさえ「とら」は苦手です。

最初ダメで、後からだんだん仲良くなる、というのは今まで無かったんです。

実際、琥珀も最初は、「とら君」に辟易してました。

何度も「とら君」に追われ逃げ回っていました。(「とら」も結構しつこいです。)

ところが

「琥珀」はある時、閃いたのようです。

「とら君」に限らず我が家の男の子は、相手からグイグイこられるのが苦手です。

積極的に来られると、引いてしまうんです。

「琥珀」は、どう対応すれば良いかわかったのか、自分から鼻チューであいさつ、チャイチャイする等「とら君」を掌で転がし出しました。

IMG_3615
(天然猫娘、琥珀。とら君以外とも仲良くなって欲しいです。)

そうするとあれだけ攻撃的(本能的に子孫を残したいと思ってい部分もあると思いますが)だった「とら君」が「琥珀」が近くで「のびー」していても攻撃せず、毛づくろいをし、ちょっかいを出すと逆に「琥珀」に威嚇され及び腰になるようになりました。

「とら君」に何度、ちょっかいを出されても近くで「のびー」していた天然の「琥珀」。

ある程度時間が経って、猫同士の関係が変わったのは、おもしろい驚きでした。

同じ感じで、特にチコちゃんとも仲良くしてね。

こんにちわ(^^♪

「琥珀」と「あずき」は親子猫です。

琥珀が2018年11月に我が家で出産しました。

あずきと他2匹で3姉妹です。

琥珀の保護時に、まだ1年経っていない若い猫と診断されたので、その通りであればママ猫と娘猫が同じ年の親子になります(*'ω'*)

IMG_3486~photo
(キトンブルーの目。黒猫2匹サビ柄1匹の3姉妹。どっちが「あずき」もう分かりません(^^)/)

子育て経験のない若い猫が、ちゃんと子ネコの世話が出来るのか心配で、念のために、哺乳瓶や子ネコ用粉ミルクなど買い揃えていたのですが、全然大丈夫でした。

甲斐甲斐しく世話をして、子ネコ達も、ぐんぐん大きく元気に育ちました。

姉妹達が里親様の元に行った後、子育てが一段落したので琥珀は避妊手術を受けました。

それでも、あずきは生後6カ月ぐらいまで、おっぱいを吸いに行き、琥珀もそれを拒まずに受け入れていたので、2匹の「親子関係」は、この先も同じ関係性で続くのかなと思っていました。

IMG_3403~photo
(琥珀が安心しているのからか、人間が見ていても大丈夫でした。)

普通、子ネコの歯が生えてくる頃になると、母猫が痛がって、蹴ったり拒んだりすることで、猫は乳離れするそうです。

3歳同士の今は、身体の大きさも同じぐらいになりました。さすがにおっぱいをねだりに行くような甘え方は無くなり、姉妹のように「じゃれて取っ組み合って」遊んでます。

時折、あずきが子ネコの様に甘えに行き、琥珀も毛づくろいをしてあげたりするので、何となく「甘えてもいい存在」という認識は今でもあるんだと思います。

IMG_0976~photo-full
(流し台の上からお外をのぞく琥珀(後姿)とあずき。同じぐらいの大きさで2匹とも毛艶が良いのが特徴です。)

また2匹は連携して、お兄ちゃんお姉ちゃん猫を左右から挟み撃ちして追い込んだりします。

親子ならではの見事なコンビネーションですが、それは止めてください。

お兄ちゃんお姉ちゃん猫たちは、とても迷惑そうです。( 一一)

こんにちわ(^^♪

昨日病院に行った「きぃちゃん」。

昨晩のオシッコは、きれいで血尿も(たぶんですが)無いように見えました。

今朝もオシッコきれいでした(*'ω'*)

ご飯も普通に食べてくれてます。うちの子はご飯を食べないと「注意信号」です。

ちょっと安心しますが、まだまだ経過観察は続けないといけないです。
IMG_1089~photo
(きぃちゃんとホっちゃん。写真の時はいつもびっくりした顔のきぃちゃん)

昨日は、夜に「きぃちゃん」のオシッコを確認した後ちょっと安心して寝付きました。

2階の寝室で「もずく、さび、ピ子」の3匹と一緒です。

しばらく寝入っている最中に、どこからか猫の唸り声。

どこかでケンカしているのかな?(家の周りにも野良か外ねこ?さんがいるので)と、半分寝ながら思っていました。

次第に大きくなる唸り声と威嚇の声に「違う!家や」と慌てて二人で階下へ。

降りる最中に、たぬきシッポになった「あずきとチコ」が入れ替わりで二階へ逃げてきました。

IMG_1223~photo
(あずき。我が家で生まれ我が家育ち。3歳にしてだんだん怖いものが出来てきた様子です。)

あわてて下に降りると、抜かれた毛が散乱し、給水器がひっくり返り床はびちゃびちゃ、そして興奮する猫たちの姿。

これが早朝の4時の出来事です。( 一一)

状況から水を飲んでいた「琥珀」に「とら」が、ちょっかいを出し、そのままバトル。

とら君は、死角から攻撃するので(ハンターとしては優秀ですよね(^^)/)やられた方がパニックになり、このような事がたまに起こります。

仕方が無いので、一人は猫たちがケガしていないかの確認と落ち着かせるための声かけ、一人は床の掃除と給水器の掃除。

IMG_4150~photo
(普段は、とら君ともうまく付き合うド天然猫娘、琥珀さん。)

誰もケガ無くて良かったのですが、「あずき」が、ただならぬ「ママ猫・琥珀」のテンションに恐れたのか下に降りなくて、その日は2階の部屋で一緒に寝ました。

おかげで今朝はみんな寝不足です。((+_+))

2017年か2018年(多分)春先頃まで生まれ。3歳

IMG_3284~photo

経済的にも家の広さ的にも7匹もいると、いっぱいいっぱいです。

ある日、いつも夕方に近所のスーパーで夕飯の買い物をするのですが、その道中、にゃんこさんがいる所があって、その中で挨拶してくれる(近づいても逃げずに鳴いてくれる子)のが、琥珀でした。

外猫やノラの猫は、ご飯をくれる人や飼い主さん以外には、鳴いたりしない子がほとんどです。

家では無理だけど頑張ってね、と思っていたある日、たまたま近づくと、首にケガしているのに気づきました。

ざっくり皮膚がめくれて、皮一枚でくっついている状態で、どうしても放っておけなく、「捕まえることが出来たら、病院に連れて行こう」と、ケージを取りに帰り「おいで」と近寄ったらアッサリ捕まりました。


IMG_3180~photo
(病院に行って診てもらった後、玄関で治療・隔離中。里親さん募集用に撮った写真)

それが2018年の10月でした。

お医者さんの話では恐らく、

歯が(口の中も)綺麗なので、生後7~9カ月ぐらいの若い猫で1年は経っていない、

サビ柄なので女の子(サビ柄は、ほぼ女の子です。)

ケガは時間がかかるが、きれいに治る

という事でした。

いわゆる子猫という感じはないので、「里親さんは、だいぶ難しいかな」と思いながらも、地元掲示板のようなサイトを利用してお願いしてみました。

※もしかしたら飼い猫で探されている方がいるかもしれないので「地元の警察署」と「保護センター」に届けを出し、捜している方がいないかを確認しました。

ちゃんと名前を付けると情が沸いてしまうので、「お嬢さん」と呼んでいました。

1か月ですがやっぱり一緒に生活してると情が移ってしまい、そこそこ大人の猫なので他の子との相性が心配でしたが、話し合いの結果、家の子にしよう、という事になりました。

ネットの姓名判断でいくつかの候補の中から、(猫にその運命が当てはまるのか・・・ですが)「琥珀」にしました。

この後、妊娠しているのが判り11月に我が家で初の出産を経験します。

IMG_4137~photo
(寝ながらベロがちょっと出ている琥珀さん)

元気な猫娘を3匹出産し、2匹は里親様へ。

1匹は、どうしても私たちが手放せなくなり家の子に。

今、私たちが外出から戻った時、唯一、お迎えに来てくれる琥珀です。

↑このページのトップヘ