どこでも猫トイレ

どこでも猫トイレは、猫10匹と暮らす夫婦のブログです。 気が付いたら保護猫が家の猫になりました。

きっかけは、2013年1匹の迷い猫。
貯金をはたき中古住宅を購入。気づけば10匹の猫と同居。
少ない部屋に必ず猫トイレとキャットタワー。
いろんな事が、良く分からなくなっている夫婦の日記記録。

カテゴリ: あずき

こんにちわ(^^♪

我が家は、猫が乗れるようにタンスや棚などの上になるべく物を置かないようにしています。

猫は平面の運動より上下の運動の方が大事だと聞いたので、自由に乗れるように。

キャットタワーも各部屋に置いてますが、身体を伸ばせる広いのもあった方が

寝たりするのには良いかなと思っています。

以前は、細々した雑貨を集めて飾るのが好きでした。

猫と一緒に生活するようになった最初の頃は飾ってましたが、よく落して壊されました( ;∀;)

なので猫達の数が増えていくにつれ、物を飾ることは止めました。
C4DEBBB2-43D8-4803-9DEB-13C41910E0B6
(あずき。やったらアカンということを、繰り返しこちらの反応を見ています(^^♪ある意味賢い子です。)

それでもやっぱり雑貨は好きで「猫グッズ(招き猫など)」で安くて気に入ったものがあると、つい買ってしまいます。

落として壊されないよう玄関の下駄箱の上にある飾り棚に飾っています。

もう一杯なので入りきれないものは、一か八かそのまま飾ります。

興味を示さない子の方がほとんどなのですが、

玄関は自分たちのテリトリーだと思っている「琥珀とあずき」親子が、

この間「猫ねこ四重奏」という4匹の猫が楽器を弾いている置物を下に落としました。

以前にも同じ置物を落とし四重奏→三重奏、今回とうとう二重奏になってしまいました( ;∀;)

IMG_2339
(私ではありません顔の琥珀。急にスイッチが入ってモノを落とします(/・ω・)/)

(でも何となく捨てることが出来ずに、破片もまとめて残しています。)

今まで関心が無さそうでも、急に興味を示すことがあるので要注意なのですが、

驚くこちらの反応を、褒められているのと勘違いしているのかもしれません( ;∀;)

こんにちわ(^^♪

先日誕生日の「あずき」が3歳を超えてから、なぜか掃除機を怖がるようになりました。

我が家産まれ、我が家育ちの「あずき」は、産まれた時からずっと人と人の生活音の中で大きくなりました。

なので、今まで特に気にするそぶりも無く全然平気で過ごしていました。
IMG_5180
(敷パッドを捲って撮りました(^^)/。いまさら掃除機が嫌いになりました。)

掃除機も近くで普通にかけていましたが、特に反応する事も無く淡々とやり過ごしていました。

猫、特に子ネコ時、掃除機は目の敵にされます。

掃除機に威嚇したり、逃げ回ったり性格で対応は様々ですが、大きい音で動くよくわからない機械は天敵扱いです。

大人になって、自分に脅威を及ぼす存在でないとわかると、興味がなくなるのか掃除機をかけている横でグーグー寝るようになります。

「あずき」のように小さい時は大丈夫で、いまさら怖がり隠れるようになったのは珍しいです。
IMG_5179
(不自然な盛り上がり(^^)/。あずきが隠れてます。丸わかりですが至って真剣です。)

掃除機をかけていると寝室に駆け込み、ベットの敷パッドの下に隠れます。

掃除機で脅かしたり、掃除機を替えて音が変わったという事もありません。

「あずき」に、何かキッカケがあったと思うのですが、原因は分かりません。

自由奔放で怖いもの無しの性格だったので、驚異を感じる存在はいても良いと思います。

でも人でも他の猫達でもなく、今頃なぜ掃除機なの?(/・ω・)/

こんにちわ(^^♪

今日11月16日は、「あずきと姉妹猫達」の誕生日です。(^^)/

2018年の午後1時20分頃、我が家で産まれました。

10月(多分8日頃)に「ケガをしていた琥珀」を保護して11/16日に出産なので、振り返ると濃厚な1か月間でした。

時間が経つのが早いです。"(-""-)"

来年もブログが続いていたら同じことを書くかもしれません(*'ω'*)

サビ柄1匹、黒猫2匹の3姉妹で産まれました。
IMG_3348~photo
(おっぱいをたくさん飲んでお昼寝。すごい寝相です(*'ω'*)。電気カーペットとペットボトル湯たんぽで暖かくしていました。当時は全員黒っぽい柄です。)

当時、既に「黒猫のもずく」と「サビ柄のさび」と「ママでサビ柄の琥珀」がいました。

ウチは黒猫とサビ柄に縁があります(*'ω'*)
IMG_3526~photo
(姉妹に噛まれてあぁ~。子ネコ同士よく遊んでいました。凄い顔してます(^^)/)

生後、病院で検査してもらった時に3匹とも女の子とわかり、女子8匹になりました(*'ω'*)

産まれてからの3か月間、久しぶりの子ネコ達と楽しい幸せな時間を過ごしました。

もう一度、経験したいと思っていた、子ネコの成長を堪能できた時間でした。
IMG_3355~photo
(琥珀が安心しているのか、子ネコ達もリラックスしています。)

今「あずき」は家に、姉妹はそれぞれの里親様のお家にいます。

姉妹猫達も元気で過ごしてくれているようです。

我が家では、誕生日といっても特別何かするわけではありません。"(-""-)"

今日は「琥珀とあずき」に「ちゅ~る」を少し多めにあげたいと思います。

こんにちわ(^^♪

我が家には黒猫が2匹います。(^^)/

「サビ柄さびちゃん」と姉妹で保護した「もずく」。
B63E9F69-8896-4F0A-BBB0-A4723E277995
(もずく。目がクリクリで可愛い(^^)/。きれいな目の色です。)

「サビ柄琥珀さん」から産まれた「あずき」。
IMG_3090
(あずき。ヤンチャそうな顔していますが、お転婆でヤンチャです。(^^)/)

「あずき」には他に2匹姉妹(黒猫×2、サビ柄×1)がいたので、我が家は一時、黒猫3匹とサビ柄3匹が一緒に生活していたことになります。(*'ω'*)

偶然ですが何か縁みたいなものを感じています。

「もずく」は7歳、「あずき」は3歳になりました。

二匹とも女の子です。

「もずく」はツンデレの猫っぽい性格です。

デレている時は、ベロベロ顔を舐めてくるのですが、気が済むとあっさり離れます。

もうちょっと甘えてくれても、と思わせる絶妙の甘え方です(*'ω'*)

「あずき」は我が家生まれの我が家育ちです。

ママ猫の「琥珀」もずっと一緒に暮らしているので、まだ子供子供していてよく甘えます。

人と「琥珀」には甘えますが、他の猫と一緒にいても、甘えるという感じがないです。

猫にはツンで人と「琥珀」にはデレです(*'ω'*)

よく食べる2匹ですが、どちらも細身でスラっとしてます。

「もずく」はシッポが短く少しかぎシッポ、「あずき」は真っ直ぐな長いシッポです。

「あずき」は、ブラッシングが好きではないですが、毛艶が漆黒でツヤツヤです。

フッと目で追うような時は、どちらか分らなくなったりしますが、じっくり見ると顔に特徴があります。

「もずく」は丸顔で「あずき」は面長です。

どちらもワクチン接種以外で今のところ病院のお世話になっていないので、このまま健康でいて欲しいです。

同じ部屋にいると「もずく」は「あずき」のお尻をクンクンしに行くのですが、「あずき」は、ちょっと怖いみたいです。

子猫の頃に「パチーン」とパンチされたことがあるのを覚えているんでしょうか?

IMG_1514
(奇跡のツーショット写真。左があずきで右がもずくです。偶然食べ物系の名前です。)

黒猫はグッズが多いのもイイですね。

小さい置物とか招き猫とか見つけるとつい買ってしまいます。

こうしてドンドン物が増えていきます。( 一一)

黒猫は、幸運を引き寄せる『縁起の良い福猫』なので、たくさん福を運んでくれています。

こんにちわ(^^♪

猫と暮らしていると何年たっても、ふと新しいことを発見する事があります。

日課のブラッシングをしていた時です。

頭の部分をブラシを横のままでブラッシングできる子と、ブラシをちょっと斜めに動かしてブラッシングしている子がいることに気づきました。

なぜかその時「あれっ」と思いました。

その子は「あずき」です。

じっと顔を見てみました。

他の子より頭頂部が狭くて、顔が小さいです。

顔も小さいのですが、額から鼻筋がちょっと前に「にゅっ」と長くなっているように見えます。

大型ワンちゃんのように面長な感じです。

実際には鼻の両脇の所の「彫が深い」というか「細い」というか「長い」というか・・。

IMG_0132~photo-full
(あずきと琥珀。もう使っていないFAX電話の上で。逆光でちょっと怖い(´;ω;`)になってます。)

写真を撮っていて、「なんでこんなに怖い顔で写るんやろう」と思っていた原因は多分顔の長さです。

(親バカですが、肉眼だとものすごく可愛いのです(*'ω'*))

人間は顔が面長より丸い形をしていることを可愛いと思う、というのを聞いたことがあります。

顔の丸さで印象って随分違うんですね。

だから?というような話ですが、気づいたので夫婦二人で確認してみました。

納得の結果でした。

こんにちわ(^^♪

「琥珀」と「あずき」は親子猫です。

琥珀が2018年11月に我が家で出産しました。

あずきと他2匹で3姉妹です。

琥珀の保護時に、まだ1年経っていない若い猫と診断されたので、その通りであればママ猫と娘猫が同じ年の親子になります(*'ω'*)

IMG_3486~photo
(キトンブルーの目。黒猫2匹サビ柄1匹の3姉妹。どっちが「あずき」もう分かりません(^^)/)

子育て経験のない若い猫が、ちゃんと子ネコの世話が出来るのか心配で、念のために、哺乳瓶や子ネコ用粉ミルクなど買い揃えていたのですが、全然大丈夫でした。

甲斐甲斐しく世話をして、子ネコ達も、ぐんぐん大きく元気に育ちました。

姉妹達が里親様の元に行った後、子育てが一段落したので琥珀は避妊手術を受けました。

それでも、あずきは生後6カ月ぐらいまで、おっぱいを吸いに行き、琥珀もそれを拒まずに受け入れていたので、2匹の「親子関係」は、この先も同じ関係性で続くのかなと思っていました。

IMG_3403~photo
(琥珀が安心しているのからか、人間が見ていても大丈夫でした。)

普通、子ネコの歯が生えてくる頃になると、母猫が痛がって、蹴ったり拒んだりすることで、猫は乳離れするそうです。

3歳同士の今は、身体の大きさも同じぐらいになりました。さすがにおっぱいをねだりに行くような甘え方は無くなり、姉妹のように「じゃれて取っ組み合って」遊んでます。

時折、あずきが子ネコの様に甘えに行き、琥珀も毛づくろいをしてあげたりするので、何となく「甘えてもいい存在」という認識は今でもあるんだと思います。

IMG_0976~photo-full
(流し台の上からお外をのぞく琥珀(後姿)とあずき。同じぐらいの大きさで2匹とも毛艶が良いのが特徴です。)

また2匹は連携して、お兄ちゃんお姉ちゃん猫を左右から挟み撃ちして追い込んだりします。

親子ならではの見事なコンビネーションですが、それは止めてください。

お兄ちゃんお姉ちゃん猫たちは、とても迷惑そうです。( 一一)

うちの子は去勢・避妊手術しています。

長男猫の「ホっちゃん」から始まり、「もずく」「さび」「きぃ」「しろ太」「ピ子」「琥珀」「あずき」の順番で手術しました。

手術後は、エリザベスカラーをしてもらって帰宅してました。

手術の傷を舐めて縫合糸を抜いたりしない為ですね。

うちの子は、男女問わず「エリザベスカラー」を付けるとビックリするぐらい落ち込んだ感が出ました。

emotion_0016_disappointment
(こんな感じです。首をずっと下に下げて無言でじっとしてました。)


そんなに重くないハズですが首をガックリ落し、床をずっーと見て動きません。

暴れたり嫌がったりしないのが、逆にかわいそうで、一緒に居れる時は様子を見ながら外したりしてましたが、ずっと外しておく訳には行かないので、「術後着」を購入しました。

それからは術後の経過観察と抜糸までの間、術後着で過ごしてました。

IMG_3857_photo
(琥珀が着ています。競泳用の水着みたいですが、伸縮性もあって辛くなさそうです。)

ネコはワンちゃんと違って服を着るのは、基本嫌がる子多いと思うのですが、期間中は大人しく着てくれました。

IMG_4181_photo
(あずき。ピンクバージョン。あずきは細身なので一番小さいサイズでもゆったりでした。)

女の子はお腹の手術部分を完全にカバーできて、舐める心配も無いので安心でした。

男の子も使用しました。大丈夫でした。

何よりエリザベスカラーのように行動を制限されないのが、ストレスにならなかったようで、術後の痛みが収まっていくと共に動きも普通になっていきました。

IMG_4160_photo
(あずきブルーバージョン。あずきは術後、一番早く回復しました。)

洗濯用に3着購入し、7匹に使用した術後着です。

洗濯も都度していた割にまだまだ大丈夫です。

利用する機会が無いことが一番ですが。

男の子は体が大きくなったので恐らくピチピチですが・・・・・(/・ω・)/



2018年11月22日生まれ。3歳
IMG_0045~photo-full
琥珀のケガもだいぶ良くなって、これからも家で暮すとなった頃、琥珀のお腹がだんだん大きくなってきました。

来た時よりお腹大きいなぁ、たくさん食べるなぁと思っていたのですが、食うや食わずのノラ猫さん主出身で、全体的に太るという感じでなかったので、気にしつつもあまり気に留めていませんでした。

ただ、数日にわたって、ご飯の嘔吐と下痢の症状があったため病院に連れて行きました。

何となく予感がしたので、先生に「もしかして、お腹に赤ちゃんいませんか?」と聞くと、エコーで調べましょう、ということになり「赤ちゃんがいます。4匹ぐらい。もう多分1週間ないぐらいで生まれると思います。」

自分達が元気な時に、もう1回子ネコを育てる事が出来たら、と思っていたので、戸惑いつつも嬉しかったのですが、経済的、スペース的にはもう一杯一杯なので、赤ちゃんは里親さんを募集しよう、と思い準備を始めました。

無事、3匹産まれました。
サビ柄1匹と黒猫2匹です。(検診に行くまで分かりませんでしたが全員女の子でした。)

正式な名前を付けると里親さんに、お渡しするとき辛くなると思ったので「アン・ドゥ―・トロア」と仮の呼び名を付けました。

出産は琥珀を隔離していた玄関だったのですが、それからは電気ファンヒーターを(外出時以外は)入れっぱなし、寝床の底にペット用電気カーペット24時間、外出時は、ペットボタルにお湯を入れた簡易湯たんぽをプラス、玄関下にはコケても大丈夫なタイルマット(人間の赤ちゃん用)を装備しました。

慌ただしい時間で、電気代も凄かったですが、年明けの2月に「アンちゃん」を見初めてもらい、3月に「ドゥ―ちゃん」も見初めてもらい、色んな方にお世話になって2匹はそれぞれのお家に行きました。

残ったトロアを「あずき」と命名し、家の子にしました。手放すことが出来ませんでした。
IMG_3325
(生まれて2週間位の三姉妹。まだ目が完全に開いていない)
IMG_3343
(目が開いた頃~3週間くらい)
IMG_3498~photo
(ママ猫、琥珀。自分のご飯以外はずっと一緒でした。ご飯すごく食べてました。)
IMG_3358~photo
(授乳中の琥珀。怖がるそぶりも無く私たちにも見せてくれました。)
IMG_3529~photo
IMG_3523~photo
(首を嚙まれてギャー)
IMG_3442~photo
(旧名アンちゃん。現在はママと同じ名前に。「琥珀」です。)
IMG_3486~photo
IMG_3717~photo
(手前、旧名トロア。現在のあずきです。真ん中、旧名ドゥ―。現在可愛い名前を付けていただいています。後ろ、旧名アン現在の琥珀(娘)です。)
IMG_3792~photo
(玄関に飾っている絵とそっくりな構図で。)
IMG_3690~photo
(お父ちゃんはメロメロでした。)
IMG_0778~photo-full
現在の琥珀とあずき。同じような大きさになりました。二匹とも毛がツヤツヤです。

↑このページのトップヘ