どこでも猫トイレ

どこでも猫トイレは、猫10匹と暮らす夫婦のブログです。 気が付いたら保護猫が家の猫になりました。

きっかけは、2013年1匹の迷い猫。
貯金をはたき中古住宅を購入。気づけば10匹の猫と同居。
少ない部屋に必ず猫トイレとキャットタワー。
いろんな事が、良く分からなくなっている夫婦の日記記録。

カテゴリ: チ子

こんにちわ(^^♪

この間、仕事関係の打合せ先で担当者の方が飼っている猫の写真を見せてもらいました。

可愛い丸顔の子がいたので(多頭飼いされてます)「この子はマンチカンですか?」と

お伺いしたところ

「いえ、スコティッシュフォールドですよ(^^♪」

とお返事。

「ウチにもスコがいるんです(^^♪」「やっぱりスコは気が強いですか?」とお伺いしたら

「そんなことないですね(^^)/。やさしいおっとりした子です(^^)/」

ネットで調べても出てくるようにスコティッシュフォールドは、穏やかな性格の子が多いようです。
IMG_3084
(チコ。機嫌が悪いと人も噛みます(´;ω;`)しっぽをブンブン振って本気で噛むので痛いです(´;ω;`)

ずいぶん前に

「猫のマンガ本」でスコのいるお家に、ノルウェージャンを迎えるというのがありました。

スコは気が強いので多頭飼いだと穏やかなノルウェージャンと合わないかも、と心配する内容です。

その印象でずっと「スコティッシュフォールド」は気が強いと思っていました。

実際「チコ」が初めてウチに来た時に、大人しかったの最初の三日間ぐらいでした。

未だに好戦的でガンガン行く性格でフレンドリーなのは人に対してだけです。(かわいいですが(^^)/)
IMG_2190
(この我が物顔感。他の子に対して遠慮するということがありません"(-""-)"もうちょっとフレンドリーだと良いのですが。)

猫の種類は同じでも、やっぱり性格はそれぞれで個性は違うんですね。

写真を見ながら、あらためてそんなことを感じました。

確かに、やさいい感じの目つきで「チコ」と性格の違いがでているようでした(^^)/

こんにちわ(^^♪

昨日、帰ってきた事に気づくと足にスリスリしてくれる「チコちゃん」が、ずっと寝たままでした。

様子がおかしいと思ったのですが、とりあえず晩ご飯(ウチの子の体調の目安は食欲です)を食べるかどうかを見てみました。

ご飯はペロッと食べたのですが、やっぱりちょっと元気がなく、他の子にちょっかいを出すときの目ヂカラがありません。

これはおかしいと急いで病院に連れて行きました。

こんな時、近くに病院があると助かります。
IMG_1884
(悪だくみ顔のチコちゃん。この強い目が弱々しくなっていました(´;ω;`)病気はイヤですね)

夜の7時ぐらいでしたが患者さんで一杯でした。

しばらく待って、先生に「今日はどの子?」と聞かれ「チコ」ですと答えると「あぁ、あのよくケガする子ね」と覚えていて下さいました(´;ω;`)

状態を説明し、体温を測ってもらうとやはり熱がありました。

季節の変わり目で寒くなって風邪の症状が増えているそうで、点滴してもらいました。

薬を飲ませるのに苦労する「チコ」なので助かります。

「暖かい空気を吸わせるイメージで、室温は25℃をキープ、暖かくしてあげてください。」とアドバイスされたので、他の子に、うつさないように部屋に隔離してエアコンを25℃で設定、加湿器も用意しました。

「チコ」は成猫で家に来たので、普段は他の子のように鳴かないのですが、昨日は、夫婦が側にいないと鳴いて甘えまくりでした(´;ω;`)

やっぱり、しんどくて、病院も怖かったんだと思います。
IMG_1714
(膝の上で寝るチコちゃん。元々人間には良く甘える子です。猫には対応がキツイです(´;ω;`)

点滴と暖かい部屋が良かったのか、今日は朝から元気な様子です。

ホッとしています(*'ω'*)

昨日も朝は全然大丈夫だったのでその後、体調が悪くなったのだと思います。

こんな時は「昨日のうちに連れて行って良かった」とあらためて思います。

この二日で、すごく甘えん坊になってます。

やっぱり、他の子達とも直接絡まなくても一緒にいたいようです。(隔離はイヤみたいです。)

その素直な気持ちで他の子と接してくれたらいいんですけどねー。

チコは、我が家に一番最後に来ました。

近所のお家の子だったのですが、事情があって我が家で引き取る事になります。
IMG_3946~photo
(チコ。我が家の7匹目の女の子。可愛い顔ですが、気が強いです。)

人間には構ってもらいたくて普通に甘えるんですが、猫に対しては、今でもずっと強気です。

何かのきっかけでスイッチが入ると、お目目ギラギラで追いかけ回します。
IMG_0997~photo
(まだ猫同士で一緒に寝るという事がありません😭。この部屋は、今は出禁にしてます😭)

そんなチコでも、怖っ‼と思うのがトラ君です。

トラにだけは、一目置いているようです。

当初我が物顔だったチコに、後ろからそーっと近づいたトラがお尻(猫の急所ですね)を噛みました。

チコが泣きを入れたのは、トラに対してだけだと思います。

しっぽの付け根がパンパンに腫れて化膿し病院送りになりました。😭

ただチコが凄かったのは、ケガが治るまでの間、他の子が全く馴染まなかったエリザベスカラーをものともせず、普通に生活しいたことです。

「チコちゃん。エリザベスカラーしてるの分かってる?」と思うほど傷が治るまでの間、まーったく普通に食べて、寝て、私たちとも一緒に寝たりしてました。

IMG_0098~photo-full
(我が家で唯一エリザベスカラーをものともしなかったチコ。色んなことを受け入れるタイプかもしれません。)

ちょっと痛い目にあったので他の子に対する態度がもしかしたら少し変わるかもしれない、とか思っていたのですが、それも変わりませんでした。😭

今は随分マシになってるんですが。

もうちょっと落ち着いてね。誰でもよいから仲良くしてね。チコちゃん。

2018年6月頃生まれ。3歳

IMG_4505~photo
チコは近所の方が飼われていた猫です。

2019年の春頃、家の子になりました。我が家で唯一の洋猫で「スコティッシュフォールド」です。

初めて家に来たときは、心細そうに、か細く1回鳴きました。おとなしい子でした。

その後の数週間で「白い悪魔」とあだ名を付けるほど、ヤンチャなお嬢さんになりました。

我が家のような多頭飼いの場合、成猫を後から迎えるには、他の子に馴染めるか、受け入れてもらえるか、相性が心配です。

加えて、チコは少し運動不足気味だったので、早めに隔離(最初はケージで)を止めました。

キャットタワーに乗ったりする練習と他の子との関わり方をドキドキしながらみました。

スコティッシュフォールドは「おだやかで甘えん坊。運動量はそれ程、多くない」子が多いそうです。

なので上手く溶け込んでくれればと思ってましたが

チコは「好戦的で(人には)甘えん坊、他の子を家中追いかけ回す豊富な運動量」の子でした。

当初あまりにも、他の子を追いかけ回し威嚇するので、叱ったところ手を嚙まれました。😭

普段、病院に行かない人が病院に行きました。

(人間の手って腫れます。グローブみたいになりました。)

IMG_4178~photo
(家に来て数日のチコ。だいぶ遠慮気味。後に豹変します。)
IMG_4101~photo
(睡眠中のチコちゃん。可愛い。ご飯の好き嫌いはないです。)

最初に追い掛け回された印象が、みんな強いのか鼻チュー挨拶に行っても、他の子はビビりがちです。

本人(猫)は遊びのつもりのようですが、相変わらず何かのきっかけで追いかけ、追いかけられしています。
人には、あれから本気で噛むようなことは無くなり穏やかな甘えん坊になったかなと思います。
IMG_4538~photo
(新しい環境に慣れるまで時間がかかる子もいると思います。)

↑このページのトップヘ